いざという時のために・・・

こんにちは!NAGISA゜です。

今日はあいにくの雨💦
事務処理を終えて、PADIのHPを見ていたら
こんな記事が!!!

この記事を見るまでは、知りませんでした💦

海の中は、しゃべることができません。
早く伝えるには、ハンドシグナルなんですよね・・・
覚えておくと、いざという時に役に立つかもしれません。

私も覚えておかなくちゃ💦
すっとぼけてるので・・・私💦(笑)

************************************

New Hand Signal Quickly Communicates When a Diver Is Ill 

(新しいハンドシグナルはダイバーの体調変化を素早く伝える)

2020年 The Undersea Journal 3QUARTERに新しいハンドシグナルが発表されました! それは、水中でダイバーが急な体調の変化でダイビングを中止し浮上したいことを素早くバディや一緒に潜ってるグループに伝えるハンドシグナルです。

スクーバダイビングでは、水中に入る前にダイバーの健康状態を確認するための「ダイバーメディカル」を用いて確認する必要があります。また、PADIプロフェッショナルから潜る前に海況やダイビングの目的など確認するブリーフィング時に、体調チェックリスを使用して直前の体調を確認するタイミングもあります。もし、この時点で少しでも不安な点があれば無理をしないようにしましょう!また、水中に潜っている最中に、もし体調変化が生じた場合(急激に意識レベルが低下するなど)にこのハンドシグナルを使い、バディですぐに浮上し、ダイビングを中止したいという時に使用します。

ダイビング中にこのような健康上の問題をより早く伝えるために、「調子が悪い」というハンドシグナルは、PADIコースで教える新しい標準的なシグナルとして加わりました。この合図をするには、ダイバーの手は指を自分の方に向けて、頭と胴体を含む楕円形を「描く」ようにして、自分自身(器材ではなく)に何か問題がある・体調が悪いことを示します。

ダイビング中に病気になる可能性は非常に稀ですが、2020年の事故事例の中には、「浸漬性(しんしせい)肺水腫」という疾病が原因である事例が明らかになってきました。これは、ダイビング中やダイビング終盤に水面近くで意識を失ってしまう症例で、心肺に疾患があったり、高血圧のダイバーに見られるようです。これからのダイビング活動をする前に、グループ全体でこのハンドシグナルをみんなで確認・共有する必要がありますね。ダイバーの皆さんは、ぜひ安全なダイビングを心がけましょう!

************************************

 

週末は、時化そうな予報です💦
これで、濁りがとれてくれると、うれしいんですが・・・
それでは・・・✋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください